傷が小さい腹腔鏡手術

腹腔鏡による5mmの傷口で痛みの少ない手術が可能になりました!

 

当院では腹腔鏡下手術を導入しています。

近年、家族の一員としてワンちゃん・ネコちゃんへの手術法が色々と工夫されるようになってきました。

その一つが腹腔鏡による手術です。

ヒトの医療では一般的に広く行われており、入院期間の短縮や傷口の縮小そして何よりも痛みの軽減に役立っています。

当院ではこの特殊技術を用いて、多くの患者さまにその良さを実感してもらっています。

特にワンちゃんの避妊手術が良い例で5mmの大きさの傷口が2~3箇所程度と小さく、エリザベスカラーの装着もほとんどの場合必要ありません。そして、痛みが少ないため術後の活動性が普段と変わらないくらい高いです。

 

メリットは、

・5mm程度のキズが2~3ヶ所で手術が可能

・術後の痛みが少ない

・臓器が空気にふれないため術後癒着が少ない

・拡大した術野で安全に手術が可能

 

デメリットは、

・特殊な技術が必要

・特殊な機器、器具が必要になる(手術コストが高くなる)

 

人間では当たり前になっている腹腔鏡下手術ですが、動物病院においても腹腔鏡手術や検査が行われるようになってきました。

腹腔鏡手術を行うにはかなり高額な専門機器と特殊な技術が必要となるため、ごく一部の動物病院でしか導入されておりません。

腹腔鏡下で行うことができる手術(もしくは腹腔鏡補助手術)は、「避妊手術(犬・猫)」、「潜在精巣の摘出」、「胃腹壁固定術(胃捻転の予防手術)」、「膀胱結石摘出術」、「肝生検」、「胆嚢摘出術」、「脾臓摘出術」、「副腎摘出術」、「門脈体循環シャント」などがあります。今まではお腹を開けなければこのような手術はできず、術後の回復に時間がかかっていました。しかし、腹腔鏡を使用することで、小さな5mm程度の傷口2~3つほどで検査ができ、当日退院できるほど手術侵襲を少なくすることができます。

腹腔鏡で低侵襲手術をご希望の方は垂水オアシス動物病院へご相談ください。

↑潜在精巣(陰睾)の猫ちゃん。腹腔鏡で精巣を摘出しました。開腹手術と違い小さな傷で摘出が可能でした。

↑中型犬の肝臓の生検を行いました。
開腹手術ですと10~15cm程度はお腹を開ける必要がありますが、
腹腔鏡を用いると5mmの傷2つだけで肝臓の生検ができます。

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

Follow me!

関連記事

  1. 腹腔鏡による腹腔内陰睾摘出術

  2. 体への負担が少ない腹腔鏡避妊手術

  3. 腹腔鏡による避妊手術

  4. 痛みの少ない避妊手術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP