痛みと負担が少ない
腹腔鏡避妊手術

愛する動物たちの
ために。

わたしたちが
できること。

腹腔鏡手術をご存じですか?
お腹を大きく切らない避妊手術の方法があります

近年、家族の一員としてワンちゃん・ネコちゃんへの手術法が色々と工夫されるようになってきました。その一つが腹腔鏡による手術です。
従来の開腹手術のようにお腹を大きく切ることなく、皮膚を2~3ヶ所切開(5mm程度)して器具やカメラを挿入し、テレビモニターでお腹の中を観察しながら行う手術です。傷がとても小さいため、手術自体の負担が少ないのはもちろん、術後の経過においても痛みが少なく動物の身体への負担が少ないことが特長です。

避妊手術は当院までご相談ください

人間では当たり前になっている腹腔鏡下手術ですが、動物病院においても腹腔鏡手術や検査が行われるようになってきました。
腹腔鏡手術を行うには専門機器と高度な技術が必要となるため、神戸市内でもまだごく一部の動物病院でしか導入されておりません。
当院では腹腔鏡の技術研修を修了した獣医師が施術を担当しています。
腹腔鏡下で行うことができる手術は、「避妊手術(犬・猫)」、「潜在精巣の摘出」、「胃腹壁固定術(胃捻転の予防手術)」、「膀胱結石摘出術」、「肝生検(その他臓器生検)」などがあります。今まではお腹を開けなければこのような手術はできず、術後の回復に時間がかかっていました。しかし、腹腔鏡を使用することで、小さな5mm程度の傷口2~3つほどで検査ができ、当日退院できるほど手術侵襲を少なくすることができます。
避妊手術をお考えの際は、腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っている当院までご相談ください。
【腹腔鏡手術を受けに神戸市内、明石、加古川、姫路、芦屋、西宮、淡路島などから患者さまが来院されています】

垂水オアシス動物病院  
〒655-0039 兵庫県神戸市垂水区霞ヶ丘4-2-2
診療時間/平日午前9:00-12:00 午後17:00-20:00(日・祝は午前9:00-13:00)
休診日/水曜・日祝の午後

日・祝
午前 9:00-12:009:00-12:00休診9:00-12:009:00-12:009:00-12:009:00-13:00
午後 5:00-8:005:00-8:00休診5:00-8:005:00-8:005:00-8:00
PAGE TOP